【高校生】クラスの友人にX(旧Twitter)のアカウントがバレた話(垢バレ)

こんにちはTake(@Take_Channel_PC)です。

突然ですが、皆さんは同じ学校や職場の人などにTwitterのアカウントがバレたことはありますか?

Twitterでアンケートをしてみたところ、約半分の人が垢バレの経験があるという結果になりました。

投票数が少ないため、正確な結果かどうかは怪しいですが、想像していたよりも多いなと思いました。

目次

垢バレしたことを知った理由

私のアカウントを発見した友人(Rくん)と電車で下校している時に、真剣そうな雰囲気で「見せたいものがある」と言われました。

ドキドキしながら見てみると、そこには、私のTwitterアカウントのプロフィールを写したスクリーンショットがあったのです。

その瞬間には、ただただ驚きました。

この時教えてもらわなかったら、一生垢バレしたことに気が付かなかったと思います。

教えてくれたRくんには感謝しています。

垢バレした経緯

Rくんと私には、共通の趣味がありました。それは、ガジェットです。

聞いた話によると、RくんがTwitterでガジェットに関する情報を調べていたところ、Twitter上で私と関わりのある方のTwitterアカウントを見つけたそうです。

そして、辿っていくと、私のアカウントを発見したそうです。

Twitterの投稿内容と、私がRくんに話したことがリンクしていたため、気がついたようです。

この出来事から 感じたこと

この出来事から、SNSの恐ろしさを感じました。

「名前や顔を公開していなくても、誰のアカウントなのかわかってしまう」のだと。

正直、垢バレなど自分には関係ない思っていました。

しかし、決して他人事ではないのだとわかりました。

ただ、知り合いに見られて困るようなものをTwitterに上げていないので、問題はありません。

今後も今まで通り投稿を続けていきます。

垢バレしたくない人へ

垢バレを防ぐためのポイントを3つ紹介します。

1.プロフィールに気をつける

普段利用しているLINEやInstagramなどとは、アイコンを変えるようにしましょう。

また、紹介文に個人情報(住んでいる場所、誕生日など)を書きすぎないようにしましょう。

2.投稿内容、時期に気をつける

Twitterに投稿した内容を知り合いにも話していると、その投稿を見られた時に、気づかれてしまうかもしれません。

Twitterに投稿した時期と知り合いに話した時期が近ければ、なおさらです。

3.鍵垢にする

どうしても垢バレしたくなければ、鍵垢にするのが有効です。

鍵垢にしていれば、フォローされない限り、投稿内容を見られることはなく、アカウントを見つけることもかなり困難になります。

4.ツイートがバズらないようにする

ツイートがバズると、垢バレの可能性が高まります。

ネタツイをしない、ツイートが伸び始めたら早めに消す、など、ツイートが多くの人の目に触れないようにした方が良いです。

最後に

実は、垢バレして少しだけ嬉しかったことがあります。

それは、それだけ有名なアカウントになったということです。

フォロワー数は1500人を超えており、決して小さなアカウントではありません。

多くの人が私のツイートを目にするということを忘れずに、これからもTwitterを使っていきたいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから

この記事を書いた人

静岡県に住む高校生ブロガー。写真が趣味で、PC、スマホ、ガジェットに興味があります。
最近は、デスク環境を作るのにハマっています。

関連

コメント

コメントする

目次