【修理or買い替え】iPhone 12 Proの背面が割れたときに私がとった行動

こんにちはTake(@Take_Channel_PC)です。

前回の記事でお話ししたように、iPhoneをケースなしで使っていたところ、背面が割れてしまいました。

修理するのが良いか、買い替えるのが良いか、考えた末に導き出した結論をお話ししたいと思います。

目次

結論

結論として、私はiPhoneを買い換えることにしました。

機種は、背面が割れたものと全く同じ機種(iPhone 12 Pro 128GB シルバー)です。

修理せず、買い換えることにした理由

修理するよりも、背面が割れたものを売却し、その売上金を次のiPhoneの購入に充てる方が、費用を節約できると考えたからです。

また、新品のiPhoneで心機一転したいと思ったからです。

修理する場合の金額※値上げ前の価格

AppleCare+に加入している場合:3700円
AppleCare+に加入していない場合:70480円

AppleCare+の加入料金が22800円(当時)であるため、AppleCare+に加入していれば、実質26500円で修理できたことになります。しかし、私はAppleCare+に加入していませんでした。背面割れは本体交換という扱いになるため、70480円というとてつもなく高額な代金を支払う必要がありました。

Apple公式ではなく、非正規の修理店に依頼するor自分で直す、ということも考えましたが、リスクが大きいため、今回はやめました。

AppleCare+に加入しなかったことが悔やまれます。

※現在では、本体交換をせずとも、背面を修理できるようになったみたいです。

iPhoneの売却金額と購入金額

背面が割れたiPhoneをラクマで売却し、手数料や送料を引いて61931円の売り上げを得ることができました。

新しいiPhoneは、楽天モバイルで112800円で購入しました。

結果的に、112800円ー61931円=50869円 の出費となりました。

親の優しさで、30000円は払ってもらえることになり、残りを自分で払うことになりました。

かなり痛い出費です。

新しいiPhoneが届きました

なぜiPhone 12 Proを選んだのか

上の記事で説明したような理由から、僕はiPhone 12 Proが大好きです。

そのため、iPhone 12 Proを使い続けたいと思ったからです。

また、Appleは7月1日に製品価格の値上げを行い、その後キャリアでの販売価格も値上げされました。

しかし、iPhone 12 Proの楽天モバイルでの販売価格は、値上げ前の価格と変わっていませんでした。

当時は在庫があり、価格が他と比べて大幅に安かったため、購入を決めました。

開封

iPhoneを開封するときには、二回目でも決して色褪せない感動がありました。

当たり前ですが、やっぱり新品はきれいですね。

ケースなしで使って痛い目を見たため、新しいiPhoneにはケースとフィルムをつけることにしました。

ケースをつけた状態のiPhoneが下の画像です。

これはこれで良いなと思いました。裸の状態とはまた違った良さがありますね。

ケースとフィルムをつけて使ってみた感想は、しばらく使ってみて記事にまとめたいと思います。

購入したケースとフィルムは下の通りです。

まとめ

iPhoneが割れてしまったことは悲しいですが、心を入れ替えて、新しいiPhoneとたくさん思い出を作っていきたいです。

「iPhoneは裸が正義」と思っていましたが、ケースをつけるのも案外いいなと思っている今日この頃です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはこちらから

この記事を書いた人

静岡県に住む高校生ブロガー。写真が趣味で、PC、スマホ、ガジェットに興味があります。
最近は、デスク環境を作るのにハマっています。

関連

コメント

コメントする

目次